Arch Linuxインストールチャレンジをした

投稿者: しみほ (2018/01/24)

カテゴリ: 未分類

タグ: ,

投稿者: しみほ

しみほです。
今回はArch Linuxのインストールチャレンジをしました。

環境

  • ThinkPad X250
    • RAM
    • 4GB
    • CPU
    • Core i5 5300U
    • SSD
    • 128GB
    • UEFI Onlyに設定済み
  • 有線LAN
  • Arch Linuxのディスクをddで書き込んだUSBメモリ

Arch Linuxインストール

初期設定

Arch Linuxが立ち上がり次第以下のコマンドを実行

[code lang=text]
loadkeys jp106
[/code]

(キーボード配列の認識を日本語キーボードにする)

続いて有線LANじゃない人は

[code lang=text]
wifi-menu
[/code]

でWi-Fiを設定

NTPを設定

[code lang=text]
timedatectl set-ntp true
[/code]

パーティション設定

[code lang=text]
parted /dev/sda
[/code]

でパーティションエディタを実行する

[code lang=text]
(parted) mklabel gpt
(parted) mkpart ESP fat32 1MiB 513MiB
(parted) mkpart primary linux-swap 513MiB 2.5GiB
(parted) mkpart primary ext4 2.5GiB 30GiB
(parted) q
[/code]

↑はお好みでパーティションを設定する

[code lang=text]
mkfs.vfat -F32 /dev/sda1
mkswap /dev/sda2
swapon /dev/sda2
mkfs.ext4 /dev/sda3
[/code]

って感じでパーティションをフォーマットします

[code lang=text]
mount /dev/sda3 /mnt
mkdir /mnt/boot
mount /dev/sda1 /mnt/boot
[/code]

って感じでマウントして

[code lang=text]
/etc/pacman.d/mirrorlist
[/code]

でミラーサーバーリストを編集します

[code lang=text]
#japan
Server = http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ArchLinux/$repo/os/$arch
[/code]

を一番上あたりに追加すれば優先的に日本国内のサーバーが選択されるようになり、早くなると思います。

[code lang=text]
pacstrap /mnt base base-devel
[/code]

でシステムをインストール

[code lang=text]
genfstab -U /mnt >> /mnt/etc/fstab
[/code]

でfstabを作成

[code lang=text]
arch-chroot /mnt
[/code]

OSを切り替えます

[code lang=text]
nano /etc/locale.gen
[/code]

でロケールのジェネレーターファイルを編集。

[code lang=text]
en_US.UTF-8 UTF-8
ja_JP.UTF-8 UTF-8
[/code]

の2つをコメントアウト解除

[code lang=text]
locale-gen
[/code]

で言語ファイルを生成する。

[code lang=text]
echo LANG=ja_JP.UTF-8 > /etc/locale.conf
[/code]

で言語を日本語に設定します。

[code lang=text]
echo "KEYMAP=jp106" >> /etc/vconsole.conf
[/code]

でキーボードレイアウトを保存して

[code lang=text]
ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
[/code]

で日本標準時に設定します。

[code lang=text]
hwclock --systohc --utc
[/code]

でシステム上での日時をUTC(世界標準時)に設定します。
Windowsとデュアルブートする場合に時差が発生するためです。

[code lang=text]
echo (PCのホスト名) > /etc/hostname
[/code]

でホスト名を設定します

[code lang=text]
nano /etc/hosts
[/code]

でhostsファイルを編集します。

[code lang=text]
127.0.0.1 localhost.localdomain localhost (PCのホスト名)
::1 localhost.localdomain localhost (PCのホスト名)
[/code]

を書き加えて保存します。

[code lang=text]
systemctl enable dhcpcd
[/code]

でDHCPをONにして

[code lang=text]
passwd
[/code]

でrootアカウントのパスワードを設定します。

[code lang=text]
pacman -S grub dosfstools efibootmgr
[/code]

でUEFIにブートローダーをインストールする準備をして

[code lang=text]
grub-install --target=x86_64-efi --efi-directory=/boot --bootloader-id=grub --recheck
mkdir /boot/EFI/boot
cp /boot/EFI/grub/grubx64.efi /boot/EFI/boot/bootx64.efi
grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
[/code]

でブートローダー(grub)をインストールします。

ここまででだいたい使えるようにはなりましたが、GUI環境がないので作りましょう。

[code lang=text]
pacman -S cinnamon noto-fonts-cjk gdm gnome-terminal
[/code]

でGUI環境(個人的に気になってたCinnamonを入れることにしました)と日本語フォントをインストールします。

[code lang=text]
useradd -m -g wheel (設定するユーザー名)
passwd (設定するユーザー名)
[/code]

でログイン用のユーザーとパスワードを設定します。

[code lang=text]
nano /etc/sudoers
[/code]

でsudo可能なユーザーを設定します。

[code lang=text]
(設定したユーザー名) ALL=(ALL) ALL
[/code]

を追記して保存します。
これでsudoコマンドにて管理者権限(root)を使用することができるようになりました。

[code lang=text]
systemctl enable gdm
[/code]

でWindowマネージャーを自動起動するように設定します。

これでほぼ完了です。

[code lang=text]
reboot
[/code]

して再起動しましょう。

日本語入力環境も立てたいところですが、今回までに記述が間に合いませんでした。